売却にかかる費用|不動産業者の見つけ方と選び方|マンションを売る時は
レディ

不動産業者の見つけ方と選び方|マンションを売る時は

売却にかかる費用

建築

様々な理由でマンションを売ることになった場合、税金や手数料などの費用がかかります。マンションを売った時の売却価格が全て手元に入る訳ではないということを理解しておきましょう。マンションを売る時にかかる費用は、大きく分けると税金、不動産業者に支払うテウ数量、そしてその他の諸経費に分けることができます。マンションを売る時に、もし購入した時よりも高く売ることができた場合には所得税が必要になります。購入した時の金額との差額分が利益として判断されるので、プラスになる差額分に対して所得税がかかるのです。マンションを売却する時期などによって、不動産の価値が値上がりすることもあり、その場合は購入時よりも高値になる可能性も考えられます。また、所得税とは別に住民税もかかります。高く売れた分だけ課税があると考えると良いでしょう。マンションを売る時に必要になる売買契約書には印紙を貼る必要があります。売る時の不動産の値段によっても印紙の金額は変わります。この印紙は印紙税といいます。そして、マンションを売る時は不動産業者と仲介契約を結ぶことになり、不動産業者に仲介手数料を支払うことになります。不動産業者の収入源の殆どが仲介手数料といわれています。また、マンションを売る時には、マンションを売却しているという広告や宣伝をすることが大切です。不動産業者によっては、早く売るためにチラシの作成などを提案するところもありますが、この場合チラシを作るための費用はどちらが負担するのか明確にしてから依頼するといいでしょう。他にも登記費用が必要になります。登記費用には、登録免許税などが含まれます。諸経費としては、引越し費用や家電などの購入費となります。それぞれいくらかかるのかを計算して、マンションを売った時に入る金額を計算するといいでしょう。